プログラム

以下は、2018年(第11回)のプログラムです

3日間のスケジュール


参加者は各自興味のある分科会に参加し、大学のゼミのような雰囲気の中で知識を深め、 講師と参加者の間で議論を行います。

夜は「トランプ政権をどう見るか」「北朝鮮をどう見るか」「プーチン・ロシアの国家安全保障戦略」 といった広いテーマに関する講演会や座談会形式の全体会が行われます。  ここでもただ単に一方的に講師がプレゼンテーションをするのではなく、すべての参加者・講師が発言することにより活発な議論が行われます。

最終日には実際の国際政治で発生することが予想される危機に、どのように克服し国益を追求するかについて、 参加者が国別に分かれチーム単位でシミュレーションを行います。  突然、一国の政治指導者を担当することになるため、最初はうまくいかない場合が多いですが、限られた時間の中で自らの知識を増やしていき、 自分のチームの仲間たちと協力しながらより良い戦略を練ることは、非常に有意義な時間となります。

1日目

~13:00 集合
13:00〜14:15 開会式
14:15〜15:15 全体会① 「トランプ政権をどう見るか」
15:30~16:30 全体会② 「北朝鮮をどう見るか」
16:45~17:45 全体会③ 「プーチン・ロシアの国家安全保障戦略」
17:45~18:00 チェックイン・施設内オリエンテーション
18:00~19:00 夕食 於:食堂
19:00~20:30 休憩・入浴(夕食後順次)
20:30~21:30 全体会④ 「習近平政権の外交・安保戦略」
21:30~22:00 企業紹介
22:00~ 自由時間

2日目

~8:00 起床
8:00~9:00 朝食 於:食堂
9:00~9:45 全体会⑤ ポリミリ解説
10:00~11:30 分科会1
休憩30分
12:00~13:00 昼食 於:食堂
休憩30分
13:30~15:00 分科会2
15:30~17:45 全体会⑥ 「エネルギーから見た国際政治(講義30分)」、「米中貿易戦争と経済制裁(講義30分)」残りはポリミリ作戦会議
休憩15分
18:00~19:00 夕食 於:食堂
19:00~20:30 休憩・入浴(夕食後順次)
20:30~21:30 全体会⑦ 「サイバー脅威の最新動向」
21:30~ 懇親会

3日目

〜8:00 起床
8:00〜9:00 朝食 於:食堂
9:00~12:00 ポリミリ 午前の部
12:00〜13:00 昼食 於:食堂
13:00~16:00 ポリミリ 午後の部
16:00~16:30 講師講評
16:30~17:00 閉会式
17:00~ 解散

分科会 テーマ

分科会1

  1. 北朝鮮の外交・安全保障戦略
  2. イランの対米政策と生き残り戦略
  3. 軍事力と抑止
  4. 大国の開発支援外交と中国の一帯一路
  5. アフリカにおけるテロの最新動向

分科会2

  1. トランプ政権の対中、対北朝鮮政策
  2. 対外政策決定のイメージと現実―自衛隊海外派遣にみる民主党政権と安倍政権―
  3. IS 後のジハードとアジアのテロリスク
  4. ドローンと安全保障
  5. 米国のインド太平洋戦略とアジアの国際秩序

「ポリミリ(ロールプレイ演習)」とは

 ポリミリとは、外交をテーマとした戦略ゲームで、米国では政府機関、大学、シンクタンクなどで盛んに行われています。 こうした戦略ゲームを行う目的は、実際の危機的な状況への対応、そして危機的な状況下での外交オプションの検討という二つの行動を強化するために行われます。

 本セミナーにおいては、無秩序化する東アジアにおける人道上、そして大規模紛争への懸念を含む同時多発的危機に対して、 混乱し衰退する日本がどのような対処をするのか。そして、わが国がそうした状況に対してどのような外交および抑止力の保持を 行っていけばよいのかをロールプレイによって検証します。

 皆さんはそれぞれ各国の首脳、閣僚、その他政府関係者となって、危機のエスカレーションを防ぐと共に、自国の国益を極大化してください。 逆に危機を防ぐことに注力するあまり、国益を害することも避けなければなりません。 皆さんは、実際に割り当てられた役のキャラクター、その国の状況を理解した上で役になりきってください。 講師の先生方のアドバイスを受けながら現実的なものを目指します。

このように大学一年生から若手社会人まで多彩なメンバーが二泊三日にわたって交流と知見を深めます。
普段の生活ではなかなか接点のない世代や分野の異なる方々、その道のプロフェッショナルの講師たちとの交流は、 外交・安保セミナーならではの貴重な社会体験になります。知識のある、なしはそれほど重要ではありません。 真剣に学びたいという意欲のある方を待っています!

参加申込フォームはこちら

to TOP